ワキガの原因と対策

ワキガの原因とは何でしょうか。
脇にはアポクリン腺とエクリン腺の2種類の汗腺、汗の出る腺と脂の出る皮脂腺があります。

エクリン腺から出る汗は水分と塩分ですが、アポクリン腺からは脂質・たんぱく質・糖質・アンモニア等が水分と一緒に分泌されます。アポクリン腺から分泌された汗と皮脂が、皮膚や毛に付いている常在菌の餌となって分解される際に発生する臭いがワキガです。

ワキガ体質は両親の何れかなら50%、両方なら80パーセントの確立で遺伝します。遺伝しても発症しないこともあるので必ずワキガになるわけではありませんが、大人になってワキガになったと言う人もいます。

アポクリン腺の量には個人差がありますが成長途中で増える事はありません。急にワキガになったり臭いが強くなったりするのは、生活習慣や体調の変化が理由と考えられます。

食生活が肉や乳製品など動物性たんぱく質を多く含む物・油物・唐辛子など刺激物、塩分・糖質が多い物中心だと体臭が強くなり、ワキガの原因になりやすいので適量に抑えましょう。

ワキガには汗が大きくかかわってくるので発汗作用が大きいものも気を付けなければいけません。
ストレスはアドレナリンの分泌がアポクリン腺を刺激して汗を分泌し、アルコールやタバコのニコチンは汗になったり発汗を促したりします。それに肥満も皮下脂肪が体内の熱の放出をし難くするため、汗を大量にかきやすくなるのでワキガには良くありません。

ワキガの原因は汗と菌ですから脇を清潔に保つことが大切です。
毎日お風呂に入り、抗菌・殺菌作用のある石鹸やボディーソープで脇をしっかりと丁寧に洗いましょう。脇の毛も小まめに剃ることで菌が増殖し難くなり臭いが抑えられます。

外出時も汗をかいたら濡れタオルや濡れティッシュなどで小まめに拭いて脇をきれいにし、その後、乾いた状態にしておきましょう。
デオドラント製品を使うのも有効です。制汗・殺菌効果のあるワキガ用のクリームなら更に良いでしょう。参照:わきが対策クリーム

自分の体とは24時間付き合わなければなりません。
ワキガ体質は完全に治すのは難しくても対策は出来ます。

ストレスで更にワキガが悪化しては悪循環ですのできっちりと対策をして、他人の目を気にせず明るく生活できるようになりましょう。