わきが患者への美容外科の対応

脇は非常にデリケートな部分であり、デリケートな問題を含んでいます。
最近では、スメハラ(スメルハラスメント)という言葉も出てきており、臭いに対する敏感さが感じられます。

どんな生き物でも匂いはもっているものです。
ただ、体臭なのだから、スメハラという言葉はいささかやりすぎのように思いますが、もし自分の周囲の人がそうであればやはり臭いが気になり辛くなってしまうかもしれませんね。

また、逆に自分が人に不快な思いをさせているかもしれません。
では、そんなときにどのような対処法があるのでしょうか。

デオドラントスプレーや制汗剤、ボディーソープや食生活など、気を付けられる事はいくらでもあります。ただ、それでも治せないのが体質です。

生まれつきや遺伝である年齢から臭いが気になったという方もいらっしゃると思います。そんな方々はいなかならケアをしたところで、ある程度の臭いは押さえられるかもしれませんが、気休めでしょう。

あらゆる手をつくし、それでもお困りの方は美容外科での診察で、1度ご相談してみるのはいかがでしょうか?美容外科と聞くと整形や美容に目が向きがちですが、わきがや多汗症についても相談に乗ってくれます。

わきがの人が汗を押さえる施術を受けることで、臭いがぐっと減る効果が期待できます。なぜかというと、毛穴から汗や皮脂が出れば出ただけ、それをエサに菌が繁殖してしまいます。これが臭いの主な原因です。

そこで、根本的に汗を出にくくすれば臭いの原因も減るというわけです。
今の美容外科では汗腺を取るような大がかりな手術はほとんどしていないかと思います。わりと、注射で済ませてしまう所が多いようなので、あまり緊張せずに相談に行ってみるといいかもしれませんね。

まず、どういう状況で悩んでいるのかを話し、病院によるかと思いますが、ティッシュを脇に挟んで臭いや汗を移し、それを嗅がれるという原始的な方法が多いようです。

直接臭いを嗅がれて、何かコメントを言われるというのはショックなことかもしれませんが、そこは治療と割りきり、しっかりと受け入れましょう。

まず、今まで自分のできる方法で努力をしたかたには、美容外科での診察に行ってみるといいかもしれませんね。