カミソリ・毛抜きは禁止!ワキのムダ毛は脱毛がベスト

薄着になる季節はもちろん、そうでない季節でもふとしたときに気になってしまうのがムダ毛です。特にワキのムダ毛は場所が場所なだけに自分で処理するのは大変です。

鏡の前で腕がつりそうなポーズをキープしながらカミソリやシェーバー、毛抜き等を使って頑張って処理しても、またすぐに生えてきてしまいます。

さらに自己処理は正しく行わないとトラブルの原因になってしまう恐れもあるのです。埋没毛ができてしまったり肌が荒れてしまったりして、せっかくムダ毛を処理しても肌がボロボロになってしまったら悲しくなってしまいますね。

自己処理の難しいワキのムダ毛は、エステやクリニックで脱毛してしまうと簡単です。きちんとムダ毛がなくなるのに加えて、埋没毛や色素沈着の心配がないのでワキの肌が綺麗になります。

エステやクリニックでの脱毛は高価なイメージがあるかもしれませんが、ワキのみの脱毛であれば安価に施術を受けることのできる場所がたくさんありますよ。

ちなみにエステ脱毛の場合、脱毛が完了するまでに2~3年ほどかかってしまいますので、早めに脱毛を始めておくと後々楽です。

とはいえ「近くにエステやクリニックがない」「仕事や子育てで忙しく時間が取れない」等、脱毛のためにエステやクリニックに定期的に通うのは難しいという方もいるかもしれません。

そういう方には、自宅用の脱毛器を使うという方法があります。
自宅での脱毛であれば、お仕事などで忙しい場合でも、寝る前などのちょっとだけ空いた時間に自分のペースで行うことができて便利です。

エステやクリニックでの脱毛の場合も、自宅での脱毛の場合も、施術は肌が敏感になっているので、いくつか気をつけた方が良いことがあります。

まず施術直後はワキが熱を持っているので、長時間お風呂に入るのは避けた方が良いです。また乾燥しやすい状態になっているので、いつもよりもしっかり保湿をする必要があります。

これらのことに気をつけて脱毛を行えば、しばらくするとすべすべのワキが簡単に手に入りますよ。

気になるワキ汗の予防法&対策法

暑いときや緊張したとき、じんわりとかいてしまうイヤ~なワキ汗。臭いが気になったり、服に汗ジミが出来てしまわないか心配になったりしますよね。

ワキガや脇の汗で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんなワキ汗の対処法と予防法をご紹介します。

臭いには、デオドラントの使用が効果的です。
スプレータイプやロールオンタイプ、スティックタイプやシートタイプ等、色々なメーカーからたくさんの種類のデオドラントが発売されています。

一度もデオドラントを使った事がないという方は、ほとんどいないのではないでしょうか。本当に種類が豊富なので、薬局等で購入するときに、一体どれを選べば良いのか迷ってしまう事もあると思います。

ワキ汗の臭い対策におすすめなのは、ロールオンタイプやスティックタイプ等の肌に直接塗るタイプのものです。わきが対策としてもよく利用されます。

ポイントは汗をかいてしまう前に塗っておく事。このタイプはしっかり肌に密着するので、臭ってしまうのを防ぐ効果が高いそうです。

ちなみに汗をかいた後に使うなら、シートタイプがおすすめです。
シートタイプのデオドラントで汗を拭きとればベトベト感が取れてさっぱりしますし、シートタイプで拭きとった後に直接塗るタイプのデオドラントを塗り直せば、再び防臭効果を得ることができます。

また気になる汗ジミには、ワキ汗パッドの使用がおすすめです。
使い捨てのものや洗って再び使うことができるもの、キャミソールやタンクトップ等のインナーについているもの等、色々な種類があります。

これらを使用すれば、汗ジミができてしまって恥ずかしい思いをすることもなくなりますし、お気に入りの服が汗ジミで汚れてしまうのを防ぐことにもつながります。

また「ワキ汗パッドを使っても、汗ジミができてしまうことがある」というような場合は、万が一汗ジミができてしまっても目立たないような色の服を着ると良いでしょう。

白や黒は、汗ジミが目立ちにくい色です。反対にグレーは汗ジミが目立ってしまう色なので、ワキ汗が特に気になるという方は避けた方が良いと思います。

しっかり予防・対策をして、ワキ汗に悩まされずに過ごしたいですね。