ワキガの原因と対策

ワキガの原因とは何でしょうか。
脇にはアポクリン腺とエクリン腺の2種類の汗腺、汗の出る腺と脂の出る皮脂腺があります。

エクリン腺から出る汗は水分と塩分ですが、アポクリン腺からは脂質・たんぱく質・糖質・アンモニア等が水分と一緒に分泌されます。アポクリン腺から分泌された汗と皮脂が、皮膚や毛に付いている常在菌の餌となって分解される際に発生する臭いがワキガです。

ワキガ体質は両親の何れかなら50%、両方なら80パーセントの確立で遺伝します。遺伝しても発症しないこともあるので必ずワキガになるわけではありませんが、大人になってワキガになったと言う人もいます。

アポクリン腺の量には個人差がありますが成長途中で増える事はありません。急にワキガになったり臭いが強くなったりするのは、生活習慣や体調の変化が理由と考えられます。

食生活が肉や乳製品など動物性たんぱく質を多く含む物・油物・唐辛子など刺激物、塩分・糖質が多い物中心だと体臭が強くなり、ワキガの原因になりやすいので適量に抑えましょう。

ワキガには汗が大きくかかわってくるので発汗作用が大きいものも気を付けなければいけません。
ストレスはアドレナリンの分泌がアポクリン腺を刺激して汗を分泌し、アルコールやタバコのニコチンは汗になったり発汗を促したりします。それに肥満も皮下脂肪が体内の熱の放出をし難くするため、汗を大量にかきやすくなるのでワキガには良くありません。

ワキガの原因は汗と菌ですから脇を清潔に保つことが大切です。
毎日お風呂に入り、抗菌・殺菌作用のある石鹸やボディーソープで脇をしっかりと丁寧に洗いましょう。脇の毛も小まめに剃ることで菌が増殖し難くなり臭いが抑えられます。

外出時も汗をかいたら濡れタオルや濡れティッシュなどで小まめに拭いて脇をきれいにし、その後、乾いた状態にしておきましょう。
デオドラント製品を使うのも有効です。制汗・殺菌効果のあるワキガ用のクリームなら更に良いでしょう。参照:わきが対策クリーム

自分の体とは24時間付き合わなければなりません。
ワキガ体質は完全に治すのは難しくても対策は出来ます。

ストレスで更にワキガが悪化しては悪循環ですのできっちりと対策をして、他人の目を気にせず明るく生活できるようになりましょう。

わきが患者への美容外科の対応

脇は非常にデリケートな部分であり、デリケートな問題を含んでいます。
最近では、スメハラ(スメルハラスメント)という言葉も出てきており、臭いに対する敏感さが感じられます。

どんな生き物でも匂いはもっているものです。
ただ、体臭なのだから、スメハラという言葉はいささかやりすぎのように思いますが、もし自分の周囲の人がそうであればやはり臭いが気になり辛くなってしまうかもしれませんね。

また、逆に自分が人に不快な思いをさせているかもしれません。
では、そんなときにどのような対処法があるのでしょうか。

デオドラントスプレーや制汗剤、ボディーソープや食生活など、気を付けられる事はいくらでもあります。ただ、それでも治せないのが体質です。

生まれつきや遺伝である年齢から臭いが気になったという方もいらっしゃると思います。そんな方々はいなかならケアをしたところで、ある程度の臭いは押さえられるかもしれませんが、気休めでしょう。

あらゆる手をつくし、それでもお困りの方は美容外科での診察で、1度ご相談してみるのはいかがでしょうか?美容外科と聞くと整形や美容に目が向きがちですが、わきがや多汗症についても相談に乗ってくれます。

わきがの人が汗を押さえる施術を受けることで、臭いがぐっと減る効果が期待できます。なぜかというと、毛穴から汗や皮脂が出れば出ただけ、それをエサに菌が繁殖してしまいます。これが臭いの主な原因です。

そこで、根本的に汗を出にくくすれば臭いの原因も減るというわけです。
今の美容外科では汗腺を取るような大がかりな手術はほとんどしていないかと思います。わりと、注射で済ませてしまう所が多いようなので、あまり緊張せずに相談に行ってみるといいかもしれませんね。

まず、どういう状況で悩んでいるのかを話し、病院によるかと思いますが、ティッシュを脇に挟んで臭いや汗を移し、それを嗅がれるという原始的な方法が多いようです。

直接臭いを嗅がれて、何かコメントを言われるというのはショックなことかもしれませんが、そこは治療と割りきり、しっかりと受け入れましょう。

まず、今まで自分のできる方法で努力をしたかたには、美容外科での診察に行ってみるといいかもしれませんね。

ワキガの臭いに悩んでいた思春期時代

中学の頃、同級生に指摘されてから、自分のワキガの臭いについて悩むようになりました。それまでは、自分がワキガであるとは気づきもしませんでした。

おそらくワキガ体質の人は、自分でワキガだと気づく人は少ないのではないかと思います。なぜなら、まず自分の臭いは常に嗅いでいる状態になるため、鼻が麻痺してしまい、気づきにくからです。

また、ワキガは遺伝することが多いため、家族の中にワキガ体質の人がいるのが普通で、小さい頃から臭いに慣れてしまうからです。そのため、他人に指摘されて初めて、自分がワキガだと気づく人が多いと思います。

ただ、自分がワキガだと気づいてからは、ワキの臭いがとても気になるようになりました。少しでも他人に臭いを気づかれたくないといった気持ちから、徐々に内気になり、人と話せなくなったりもしました。

電車や映画館といった人が多く集まる場所にも行けなくなりました。
人との距離が近くなるような場面は、極力避けたいといった気持ちからです。

また、常にずっとワキガの臭いのことばかりを考えるようになってしまったため、勉強も手につかなくなってしまったのです。

高校生になってもワキガに悩む私の様子を見ていた母が、ワキガ手術を勧めてくれました。これまで、制汗剤、ワキガクリーム、汗ワキパットといった様々な対策をしてもあまり効果を得られなかったこともあり、思い切ってワキガ手術することを決めました。

ワキガ手術には機械を使った吸引法など、体の負担が軽く済む手術法もありますが、アポクリン腺を取り残してしまうこともあるのだそうです。

私としては、折角手術するのであれば、しっかりとアポクリン腺を除去したいと思っていたので、多少体に負担あるとはいえ直視下切除法を行ってもらうことにしました。

この手術法は、直接医師が目で確認しながらアポクリン腺を除去するため、取り残しがほぼないとのことです。手術は、日帰りでしたが、やはり皮膚を切除することもあって、体への負担は多少ありました。

ただ、そういった体や費用面での負担はあったものの、ワキガの臭いの悩みの心の負担はほとんどなくなりました。

今では、すっかり悩みも解消し毎日を楽しく過ごせるようになりました。
ワキガ手術を勧めてくれた母に感謝しています。

カミソリ・毛抜きは禁止!ワキのムダ毛は脱毛がベスト

薄着になる季節はもちろん、そうでない季節でもふとしたときに気になってしまうのがムダ毛です。特にワキのムダ毛は場所が場所なだけに自分で処理するのは大変です。

鏡の前で腕がつりそうなポーズをキープしながらカミソリやシェーバー、毛抜き等を使って頑張って処理しても、またすぐに生えてきてしまいます。

さらに自己処理は正しく行わないとトラブルの原因になってしまう恐れもあるのです。埋没毛ができてしまったり肌が荒れてしまったりして、せっかくムダ毛を処理しても肌がボロボロになってしまったら悲しくなってしまいますね。

自己処理の難しいワキのムダ毛は、エステやクリニックで脱毛してしまうと簡単です。きちんとムダ毛がなくなるのに加えて、埋没毛や色素沈着の心配がないのでワキの肌が綺麗になります。

エステやクリニックでの脱毛は高価なイメージがあるかもしれませんが、ワキのみの脱毛であれば安価に施術を受けることのできる場所がたくさんありますよ。

ちなみにエステ脱毛の場合、脱毛が完了するまでに2~3年ほどかかってしまいますので、早めに脱毛を始めておくと後々楽です。

とはいえ「近くにエステやクリニックがない」「仕事や子育てで忙しく時間が取れない」等、脱毛のためにエステやクリニックに定期的に通うのは難しいという方もいるかもしれません。

そういう方には、自宅用の脱毛器を使うという方法があります。
自宅での脱毛であれば、お仕事などで忙しい場合でも、寝る前などのちょっとだけ空いた時間に自分のペースで行うことができて便利です。

エステやクリニックでの脱毛の場合も、自宅での脱毛の場合も、施術は肌が敏感になっているので、いくつか気をつけた方が良いことがあります。

まず施術直後はワキが熱を持っているので、長時間お風呂に入るのは避けた方が良いです。また乾燥しやすい状態になっているので、いつもよりもしっかり保湿をする必要があります。

これらのことに気をつけて脱毛を行えば、しばらくするとすべすべのワキが簡単に手に入りますよ。

気になるワキ汗の予防法&対策法

暑いときや緊張したとき、じんわりとかいてしまうイヤ~なワキ汗。臭いが気になったり、服に汗ジミが出来てしまわないか心配になったりしますよね。

ワキガや脇の汗で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんなワキ汗の対処法と予防法をご紹介します。

臭いには、デオドラントの使用が効果的です。
スプレータイプやロールオンタイプ、スティックタイプやシートタイプ等、色々なメーカーからたくさんの種類のデオドラントが発売されています。

一度もデオドラントを使った事がないという方は、ほとんどいないのではないでしょうか。本当に種類が豊富なので、薬局等で購入するときに、一体どれを選べば良いのか迷ってしまう事もあると思います。

ワキ汗の臭い対策におすすめなのは、ロールオンタイプやスティックタイプ等の肌に直接塗るタイプのものです。わきが対策としてもよく利用されます。

ポイントは汗をかいてしまう前に塗っておく事。このタイプはしっかり肌に密着するので、臭ってしまうのを防ぐ効果が高いそうです。

ちなみに汗をかいた後に使うなら、シートタイプがおすすめです。
シートタイプのデオドラントで汗を拭きとればベトベト感が取れてさっぱりしますし、シートタイプで拭きとった後に直接塗るタイプのデオドラントを塗り直せば、再び防臭効果を得ることができます。

また気になる汗ジミには、ワキ汗パッドの使用がおすすめです。
使い捨てのものや洗って再び使うことができるもの、キャミソールやタンクトップ等のインナーについているもの等、色々な種類があります。

これらを使用すれば、汗ジミができてしまって恥ずかしい思いをすることもなくなりますし、お気に入りの服が汗ジミで汚れてしまうのを防ぐことにもつながります。

また「ワキ汗パッドを使っても、汗ジミができてしまうことがある」というような場合は、万が一汗ジミができてしまっても目立たないような色の服を着ると良いでしょう。

白や黒は、汗ジミが目立ちにくい色です。反対にグレーは汗ジミが目立ってしまう色なので、ワキ汗が特に気になるという方は避けた方が良いと思います。

しっかり予防・対策をして、ワキ汗に悩まされずに過ごしたいですね。